心無い交通事故調査

 交通事故に遭われたり、交通事故を起こしてしまった際、頼りになるのは皆さんがお入りになられている損保会社又は代理店の方でしょう。

 損保会社の方の対応は素晴らしい物があるかと思いますが、代理店会社の対応には様々な物があるのが現実の様です。

 代理店さんは地域に密着するが為に、加入者とは馴れ合いが生じてしまっていることが多々あります。

 しかし、これが大きな落とし穴だとは気付いていない代理店さんが居られる様です。

 本来、代理店さんは、お客さんが起こした交通事故を優位にするため、又は、お客様の今後の対応をスムーズに示談を進めるのが本来の仕事だと私は個人的に思いますが、代理店さんは、先ず現場に赴きますと加入者の怪我の状況や、事故の状況を確認し、「有難い代理店」をアピールします。

 ここが大きな落とし穴で、本来、お客様を優位に立たせ、スムーズな事故対応をするのであれば、お客様でない相手側に対し真っ先に「怪我の有無」などの相手目線で対応するのが正解でしょう。

 過失の程度はどうであれ、相手目線で対応しなければ、馴れ合いでお客様優先で物事を進めていては、「相手は不快感」を募らせてしまいます。

 本当のプロであれば、先ずは相手目線に立ち「相手を思いやる気持ち」を優先するでしょう。

 過失の程度は別として、相手の保険屋から自分を優先して対応してくれるほど安心感を生み信頼感を生む相手は居ないのです。

 そこを理解せず、お客様優位にまるで相手を無視したかの様な対応でスムーズな示談はあり得ないのです。

 これは、私が交通捜査をする上で養ったプロのテクニックです。


お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。

福井県公安委員会届出

 

第52140120号

0776-43-0249

link

業務内容                      料金体制

交通事故調査 素行調査     弁護士介入案件   お問い合わせ

浮気調査   嫌がらせ調査   レンタル

不倫調査   ストーカー調査

身元調査

悩みの息抜きに旅行でも如何ですか?