調査料金全額前払いにご注意を

 探偵に調査を依頼される際は、かなりの決意をもって依頼されているのではないかと思います。

 しかし残念ながら探偵を営む者の中には、高額な調査料金であたかも調査を行っているかの様に装い無用に調査期間を延ばしたり、調査員を増やしたりと見積額を増やす業者もあります。

 この様な業者に限って調査料金前払いとされていることが多いのです。

 (もちろん、優秀な探偵業者様もおられます)

 手口としては、調査が困難なことを理由に調査期間を延ばしたり、途中報告も入れず

依頼者がしびれを切らすのを待ち、依頼者が「もう結構です」と解約してくることを目的とし、解約すれば契約書に記載された文言(各条項)を示し返金できない契約となっています。

 と契約金の返還を行わず調査料を奪い取るのです。

 こうなってしまえば後は弁護士を使って返金に対する訴訟になる訳ですが、調査料を

払った上に弁護士に委任料を支払うなどと言ったプラスアルファのお金は中々出せない。

 この様な事まで先読みした悪質なやり方を行います。

 もし、これが後払いなら、例え契約書に解約の返還金について記載されていても、探偵側の落ち度を理由に訴訟する際、弁護士に委任するお金は確保出来ます。

 何故この様な事を私が書くのか?

 現にこの様な話について調査の依頼が来るからです。

 私は、警察OBではありますが士業ではありませんのでお断りしておりますが相談としてお聞きしアドバイスさせて頂いております。


お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。